タイプ別アウトバストリートメントの特徴☆

こんにちは!

アシスタントの麻生です。

乾燥が気になるこの時期は是非髪の毛のホームケアにアウトバストリートメントを取り入れて頂きたいので、トリートメントの種類によって使用感や仕上がりが変わるのでその特徴をご説明致します。

・オイルタイプの場合

油分が多く配合されているオイルタイプのアウトバストリートメントは、髪をコーティングする効果が期待できます。すぐにツヤ感が出しやすいので、パーマやカラーリングにより強いダメージを受けている方や髪の毛が太い、毛量の多い方に適しています。

・ミルクタイプの場合

さらっとしたテクスチャーが特徴的なミルクタイプのアウトバストリートメントは、毛先に自然なまとまりが欲しい場合におすすすめです。乾燥しやすい冬場などもしっとりとした仕上がりになり、熱ダメージにも効果的です。

・ミストタイプの場合

保湿効果が高いミストタイプのアウトバストリートメントは、寝癖をサッと直したい早朝時にスタイリング剤として使用することもできます。髪の毛のパサつきやハリが気になる方にもおすすめです

そして全部に共通して言える大切なポイントは、お風呂上がりにアウトバストリートメントを塗った後は必ずドライアーで髪の毛を乾かすよう心がけましょう。

自然乾燥はダメージの原因やカラーの色落ちに繋がるので、しっかり乾かす事がとても大切です!

是非アウトバストリートメントを習慣に組み込んで健康な髪を育てて下さい\( Ö )/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。